TKの曲しか知らないあなたへ 今こそ伝えたい 安室奈美恵ライブBEST5曲

TKの曲しか知らないあなたへ 今こそ伝えたい 安室奈美恵ライブBEST5曲

これが、初めてのブログ投稿となります。

記念すべき、第1回の投稿は、大ファンの安室奈美恵さんについての記事を書きたいと思います。

はじめに……2018年9月16日で引退 安室奈美恵さん

引退を発表したのが、2017年9月。
私が安室さんの音楽に出会ったのは、20年以上前ーー。

小学校の頃から、曲をカセットテープ(!)に録音して聞いていました。
そしてライブに足を運ぶようになったのは、2006年あたりから。

チケットが取れないツアーもありましたが、2.3年に一度のペースで、安室さんのライブに足を運んでいました。

「ライブは、私の居場所でした」という安室さんの言葉通り、安室さんにとって、ライブは特別な場所であり、ファンにとっても安室さんのライブは、特別で“神聖な場所”でした。

生で安室さんのパフォーマンスを見る機会はなくなってしまうわけですが、ライブDVDやBlurayでその姿を見ることはできます!

そこで、鳥肌がたった安室奈美恵さんの「ライブパフォーマンス厳選5曲」をご紹介します!

安室奈美恵 おすすめライブDVD&ブルーレイ10選

今こそ伝えたい 安室奈美恵ライブBEST5曲

1. Wonder Woman

namie amuro LIVE STYLE 2011【Blu-ray】に収録されている曲。

アルバムだと、「Checkmate!」という、
コラボレーションベストアルバムに収められています。

PVもめちゃくちゃかっこいいのですがAI、
土屋アンナさんとコラボしている、「強い女性」をテーマにしたかっこいい1曲。

ライブではなんとマイク1本、踊りなしで歌い上げています!

ダンサブルな曲を何曲か踊った後に
花道をペットボトル片手に、汗だくで歌う「Wonder Woman」は必見。

途中、顔をしわくちゃにしてシャウトするシーンや
ペットボトルの水を口に含んで吐き出すシーンは何度見ても興奮します!(かっこいい!)

 

 

2. ALARM

NAMIE AMURO BEST FICTION TOUR 2008-2009に収録されている曲。
とにかくクールでかっこいい1曲。

でもこの曲は、シングルとしてリリースされていたものの
実は……オリコンTOP10を逃している曲なんです。(不思議だ)

 

音数が少なくシブい曲ですが、
非常にライブ映えする曲で、間奏のダンスシーンは
バックダンサーと一糸乱れぬ姿で魅了してくれます。

何回かこの曲をライブで披露していますが、中でもおすすめなのが
このBEST FICTION TOURでの「ALARM」。

近年は音源を流してのライブが多かった安室ちゃんですが
この時は、生バンドの演奏で披露してました。
見所は、ロックテイストにスピードアップしていく後半です!

 

 

3. UNUSUAL

namie amuro FEEL tour 2013【Blu-ray】に収録されている曲。
アルバムだと、「Checkmate!」という、
コラボレーションベストアルバムに収められています。

 

山Pこと、山下智久さんとの珍しいコラボレーション曲。
コラボレーションの相手も珍しいということで曲名も「UNUSUAL=普通じゃない」
ダンサブルな曲で、これまたライブ映えする曲なのですが
男女の掛け合いをライブでは安室さん一人で歌い上げています。
(ラストライブでは、山Pとの最初で最後の共演が実現しましたね!)

見所は最後!
暗い中スポットライトが当たり、ステージの中央でクールに踊る安室ちゃん。
白いサルエルパンツで颯爽と踊る、安室ちゃんの姿がとにかくかっこいい!

ちなみに、こちらの曲はiTunesにはなく(おそらくジャニーズがらみの関係で)
CDでしか聞くことができません!

 

4. HEAVEN

namie amuro LIVE STYLE 2014 通常盤 【Blu-ray】に収録されている曲。
ライブ終盤に披露されることが多い曲。

安室ちゃんの面白いところは、
バラードよりも踊る曲の方が声量がものすごく出るというところ

見所はラストサビ前に
「wow wow 〜♪ ウォーーーー!!」と、ものすごい声量で歌うシーン。
何かが昇華されるような、本当ライブに来たっ!と感じる瞬間でした。

 

 

5. Do Me More

NAMIE AMURO BEST FICTION TOUR 2008-2009に収録されている曲。

ラストツアーでもライブ前半に歌われていましたが
このツアーでは1曲目。

振付・衣裳・演出・音楽、全部ベストだったのはこのツアーだと個人的には思います。
「安室ちゃん=夢先案内人」で、ライブの世界へ引き込む1曲です。

見所は間奏の部分。
それまで明るい照明の下、ダンサーとともに華やかに舞っていた安室ちゃんに
ピンスポットが当たり
まっ暗い中、花道を颯爽とひとり歩いてくる姿です。

とにかく見てください。ひたすらかっこいいです

そして、大サビで華やかさを取り戻し
歩いてきた花道を引き返して、最後にバンっ!と曲が終わリます。
その瞬間、ゾワゾワっと鳥肌が立ったのを鮮明に覚えています。

私はこのツアーで2回ライブを見ましたが
人生で鳥肌がたった1番の瞬間でした。

 

 

おわりに…… ありがとう、安室ちゃん!

いかがでしたでしょうか?
高いヒールのブーツで、ひたすら歌い踊り続けるーー。
言葉にすればシンプルですが、それを文字通り
25年間をかけて、”体現してきた”安室奈美恵というアーティスト。

人生を生き抜く女の強さ、
自分で決めたことを最後まで貫く姿勢を、安室ちゃんは教えてくれました。

安室さん自身、たくさん辛い悲しい経験をされたと思います。
ブレークして、低迷期を経験し、オリコンTOP10に入れない時期もありました。

でも、めげずに真摯に歌と踊りに向き合い
トップへ見事に返り咲いた姿は、私たちに勇気を与えてくれました。

貫いてきた姿を知っているから
安室ちゃんが歌う「大丈夫」「きっとうまくいく」には、
これ以上ない説得力があるのです。

あなたのライブを見れない日々が、
いつかはやってくるとわかっていましたが
思っていた以上にその日がくるのが早かったです。

安室ちゃんのライブに行くことが生きがいでした。
正直、あなたのライブなしで来年からどうなるのか不安ですが
25年かけて教えてくれたことを糧に頑張って行きます。

本当にありがとう、安室奈美恵さん!!!