Amazonで無印良品のアイテムが購入可能!

【Amazonプライムおすすめ コメディ映画5】ていないさんよりご紹介!

ていないさん 寄稿記事 Amazonプライムおすすめコメディ映画 BEST5映画

こんにちは!映画大好き、ねこ( @necostation)です!

今回は、ゆるミニマリストで整理収納アドバイザー、ていないさん @tei_nai)に「Amazonプライムオススメコメディ映画5」をご紹介いただきました!

私の好みを知っているかのような、素敵なコメディ映画を選んでいただき、ありがとうございます。私のくだらないコメントとあわせて、お楽しみください!

スポンサーリンク

ていないさんの【Amazonプライムおすすめ コメディ映画5】

ていないさん
ていないさん

大いに笑えて、ちょこっと泣けて、音楽のセンスが良い。そういうコメディ映画が大好きです。この記事ではお家時間をもてあましている皆さんの退屈をぶっとばす、ご機嫌なコメディ映画を、Amazonプライムの無料視聴対象作品から5作紹介します。

neco
neco

Amazonプライムビデオは、無料体験もできますからチェック!

Amazonプライムおすすめ コメディ映画【その1】:ファンシイダンス

1989年に公開。岡野玲子の同名のコメディ漫画の映画化。監督は「Shall we ダンス?」が有名な周防正行です。

バブル全盛期の日本でバンドを組んで都会を満喫しご機嫌に暮らす塩野陽平が、実家のお寺を継ぐためにお山で坊さん修行をするという、お坊さん修行コメディです。

ていないさん
ていないさん

主演は本木雅弘(モッくん)

neco
neco

私も母も姉もみんな大好き! 超かっこいい!

竹中直人や田口浩正、村上冬樹など味わい深い俳優が脇を固める。都会でスカパラをバックにライブするトッポい若者である陽平が、リアリティ溢れるお山での修行と人間関係に揉まれていく様子が味わい深く面白い。ビデオを所有しており100回ぐらいみた大好きな作品。

ていないさん
ていないさん

サブカル好きにはたまらない、かわいた空気感と脱力するテンポがよき。

neco
neco

モッくんが丸坊主でも、超かっこいい!

Amazonプライムおすすめ コメディ映画【その2】:帝一の國

2015年に公開された、学園政治ギャグマンガの映画化。原作者は「ライチ☆光クラブ」などの耽美エログロ作品を生み出した古屋兎丸。そのためギャグ漫画であるものの、美少年の持つ特有の耽美さやグロテスクさなどのエグみもある作品。

neco
neco

イケメンだらけやないか!

映画では菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大という、2015年にもっとも輝いた美少年俳優たちが、癖のある役をイキイキと演じきっていて、アイドルでありながら誰もがきちんと俳優で、作品のストーリーもよし、テンポもよし、キャラクターもよしの素晴らしい作品に仕上がっています。

ていないさん
ていないさん

そこまでお金と時間のかかった作品ではありませんが、最高のコスパで仕上げた佳作という感じ。

Amazonプライムおすすめ コメディ映画【その3】:インスタント沼

2005年に公開された三木聡監督作品。ドラマ「時効警察」や亀梨和也主演の「俺俺」など、脱力系コメディに定評のある監督です。

主演は麻生久美子で、相手役は加瀬亮とおしゃれな2人を起用。母親を松坂慶子、父親を風間杜夫と、渋いところ攻めてます。

neco
neco

麻生久美子&加瀬亮、最強おしゃれコンビ!

とにかくストーリーはシュール。大笑いできるようなシーンは全くないけれど、淡々と進行していく中にこみあげる面白みがあります。

ていないさん
ていないさん

あと麻生久美子の衣装とインテリアがめちゃくちゃかわいい。

Amazonプライムおすすめ コメディ映画【その4】:真夜中の弥次さん喜多さん

2005年に公開された、しりあがり寿によるギャグ漫画の映画化。監督脚本は宮藤官九郎。弥次さん喜多さんはホモカップルというとんでも設定で、主演の弥次さんをTOKIOの長瀬智也、喜多さんを歌舞伎役者の中村七之助が演じています。

neco
neco

私の旦那、長瀬智也が異様に好きなんです!

時代劇コメディながらミュージカルシーンが盛り込まれまくった意欲作。オープニングの「Born to be Wild」をオマージュした弥次さん喜多さんデュエットは最高に楽しい。

ていないさん
ていないさん

中村七之助がダンスが超下手くそなのが見れば見るほど笑える。

neco
neco

必見ですね!(笑)

人気脚本家だったクドカンの長編劇場映画デビュー作で、やりたいこと詰め込んだ感がすごい。とっちらかってるけど面白い。

Amazonプライムおすすめ コメディ映画【その5】:ザ・マジックアワー

2008年公開作品。三谷幸喜が監督脚本を手がけた作品の中で最も好きな作品です。1900年代のアメリカを日本にもってきたような、架空の港町守加護(すかご)が舞台。

ギャングが幅をきかせる街に、幻の殺し屋「デラ冨樫」が現れる。実はこの「デラ冨樫」はニセモノで、売れない俳優が演じていて…という、なんかしっちゃかめっちゃかな設定とあらすじなんだけど、とにかく面白い。

おしゃれだし粋だし、セットも豪華だし、主演の佐藤浩市のコメディエンヌとしての才能がいかんなく発揮されてるし、何回見ても飽きないし、とってもセンスが良い。

ていないさん
ていないさん

三谷幸喜作品や、フジテレビ映画の共通点としては顔見せ映画としての要素が強すぎる点があげられるんですけど、「ザ・マジックアワー」においては、豪華なキャストが無駄なく無意味でもなく大量起用されていて見事です。

neco
neco

佐藤浩一のマークXのCM好きでした(情報古)

ていないさんにご紹介いただきありがとうございました。いずれの作品も、Amazonプライムビデオで見ることができます!

neco
neco

Amazonプライムビデオは、無料体験もできますからチェック!

この記事を寄稿していただいた、「ていないさん」のご紹介

ていないさんのプロフィール画像
ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦。ライフスタイル雑記ブログ「ていないブログ」を運営中。典型的なチョケの首突っ込みたがり。ひらたく言うと、サブカル好きのフレンドリーな昭和のおせっかいおばさん。外出自粛中は、Amazonプライムビデオを中心に映画やドラマを日々堪能中。

ていないさんのブログは、こちらをチェック!
https://www.teinai.work/
twitterは、こちらをチェック! @tei_nai

ていないさん、今回は素敵な記事を寄稿いただき、ありがとうございました!

ていないさんのブログに、「Amazon Primeで“流し見”できる番組おすすめ5」という記事を私が寄稿させていただきました。ぜひあわせてご覧ください!

記事をチェック

映画
スポンサーリンク
necoをフォローする!
necoのひとりごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました