8ヶ月で7.7kg、無理なく痩せた〜その1〜

8ヶ月で7.7kg、無理なく痩せた〜その1〜

2018年初、4年ぶりに体重計に乗った……

ダイエットで痩せたい。というのは人間にとって永遠のテーマ。
なかなか成功しないからこそ、
ダイエット方法に様々なブームが起こっても、「ダイエット」自体はなくならない。
ーーまさに、輪廻転生の世界。

毎年年初に今年こそ5kgぐらいは痩せたいな〜と思いつつ
それは叶わないまま数年間が過ぎていた。
正確にいうと、叶ったのかを「把握できなかった」といっていいだろう。

なぜなら私は、体重計に4年ほど乗っていなかったからだ。

Advertisement

体重計の上にはトイレットペーパーのストックが置かれており
体重を量るという本来の目的を失った体重計は
うっすらホコリを被っていた。。。

そして、4年ぶりに乗った体重計には
生きてきた中で、一番重い数字が表示されており
ざっと、77.7kgだった。(ラッキーセブンとか言ってる場合じゃない)

徐々に太っていき、じわじわ起こり始める支障……

太っていようが、痩せていようが人間は生きられる。
しかし、この数年間徐々に太っていくことで、日常生活で
様々な支障がじわじわと起こり始めた。

  1. いつも履けていた、ユニクロのレギンスLサイズが股ずれをおこす
  2. 親に会うたび、「太った」「痩せろ」を連呼される
  3. シャツインなどのオシャレができなくなる
  4. 常時、ウエスト周りがきつい
  5. もはや鏡で自分を見れない

などなど……。

以上のことが積み重ねのうえ
2018年初に、4年ぶりに体重計に乗ったことが決定打となり
ついに私は「痩せる」ことを決意した。

そして、私は

「いかに金をかけず、無理せずに、楽をして痩せるか」

というテーマで
ダイエットではなく、実験を始めることにした。

ダイエットを始める際に、まず決めたこと。

まず、私は体重を量る習慣をつける必要があると考えた。
なんせ、4年間「体重」の存在を無視してきたからだ。

まず、体重や体脂肪を記録できる無料アプリをダウンロードし
朝起きて、トイレに行った後の体重や体脂肪率を記録することにした。
少しでも体重が軽い方が、嫌な気持ちにならずに済むからだ。

これが体重を量ることの習慣化につながった。

まず1週間は、食べ物などは特に気にせずに
「朝トイレ→体重計量る→アプリに記録」
習慣化することだけを目標にしてみた。

そうして、8ヶ月コツコツと7.7kgを落として行った。

  

体重は食べたものによって増減するという
当たり前なことに気づいた。

カップラーメンを食べた翌日には1kg太ったりしている。
夕飯が質素だった時には0.5kg落ちていたりする。

 

では、無理せずに体重を落として行くために
他にどんなことを行ったのか、
それは次回のブログに記していこうと思います。