Amazonで無印良品のアイテムが購入可能!

【最終回ネタバレ】2018秋ドラマ「獣になれない私たち」けもなれ全10話考察

最終回までネタバレ 2018秋ドラマ「獣になれない私たち」全考察テレビ

こんにちは!ねこ(@necostation)です!

ガッキーこと新垣結衣、松田龍平主演の2018年秋に放送された「獣になれない私たち」通称“けもなれ”が最終回を迎えました!初回から、最終回までのあらすじとともに、ドラマの考察をしました!

スポンサーリンク

新垣結衣・松田龍平ダブル主演! 脚本は「逃げ恥」野木亜紀子

2018年12月12日に最終回を迎えた「獣になれない私たち」。(通称:けもなれ)
視聴率はドラマが始まる前の期待度の高さから考えると、あまり振るわないドラマとなってしまいました。

1話完結型の明快なドラマが好まれるなか、緻密で濃厚な大人のドラマが全10話で繰り広げられました。

【ネタバレ】第1話から、最終話10話まで

簡単にドラマのあらすじ、展開を簡単にまとめていきます。このドラマはあらすじより、映像でしか表現できない行間に、魅力があるので、ぜひドラマでチェックしていただきたい!

第1話

晶と恒星はクラフトビール店「5tap」の常連同士。
深海晶(新垣結衣)は、ECサイト制作会社に勤めており、京谷(田中圭)と付き合っているが、実は元カノとのある問題を抱えている。
また、京谷の母親(田中美佐子)は、寝たきりの夫を家で介護している。

一方、根元恒星(松田龍平)は、公認会計士・税理士。恋人だったはずの呉羽(菊地凛子)に、突如別の人・橘カイジと結婚したと言われる。

晶は会社の社長のパワハラまがいの仕事量に忙殺され、一瞬電車に飛び込みそうになる。自分を徹底的に殺している晶を5tapで見て、恒星は「キモイ笑顔」と裏で切り捨てる(晶、実は聞いてる)

第2話

晶が社長に業務改善書を突きつける。晶と京谷がいかにして、結ばれたのかを描く回。
呉羽から、恋に落ちた瞬間聞こえる鐘の話を聞き、晶と恒星は実際に聞きに行くことにする。

第3話

晶は業務改善書を出したものの、特別チーフクリエイターという謎の昇進を遂げる。
京谷は実は元彼女・朱里を家に住まわせていて、4年間たっていることが描かれる。
恒星の兄が行方不明であることが描かれ、また粉飾決算に協力するように謎の人物に迫れられる。

第4話

5tapで晶と京谷は、元彼女・朱里を住まわせていることについて言い合いになる。
京谷がスマホを無くしたのに、それを持っていたのが呉羽とわかり、実は晶と京谷が喧嘩した日に、呉羽と一夜を共にしたことが発覚する。

第5話

元カノ・朱里と会いに行く晶。対峙するが、出て行く気はないと言われてしまう。
5tap前で、浮気した京谷に対抗して、恒星に無理やりキスをする晶。
恒星が「一夜を共にした」となぜか京谷に嘘をつき、逆上した京谷に恒星は殴られてしまう。

第6話

元カノ朱里とマンションに住み続けることに耐えられず、京谷は遂に出て行く。朱里は、晶の住所を確認し家に向かいつつ5tapに入る。
そこで、一緒になった恒星に「悲劇のヒロインは楽しいですか?」と言われ、朱里はビールを顔にぶっかける。

第7話

恒星は、自分が粉飾決算に加担にしている事実を、晶の前で明かそうとして誤魔化す。
寝たきりだった京谷の父の容体が悪くなり、京谷の母(田中美佐子)と家族が揉める。
京谷の実家に来た晶は、京谷に別れを告げる。
晶は、なぜか自分の部屋の前にいる朱里と出逢う。

第8話

晶は業務改善のため、人員を増やす提案をし、社長に採用される。
しかし、面談に来たのは元カノ・朱里。そして採用されてしまう。

恒星と、行方不明だった恒星の兄との話が主軸の回。恒星の故郷は福島で、兄は会社を継いでいたが原発事故の影響で会社は傾き、それを救うために、恒星が粉飾決算に加担していたことがわかる。しかし会社はつぶれてしまい、兄は行方不明となっていた。

妻子持ちの兄は最終的に、家庭に戻り、取り壊された福島の実家の写真を見て、バスの中涙する恒星。そんな悲しみの中の恒星のもとに、ビールとゲームボード片手にやってくる晶。二人は性別を超えて、本音を言い合える友達になっていた。

第9話

特別クリエイター部長になった晶。朱里は晶の代わりに社長秘書となる。京谷の母(田中美佐子)と朱里とマンションで鉢合わせてしまい、結果、5tapで晶・朱里・京谷の母親はなぜか意気投合してしまう。

朱里はなんとか仕事に慣れようと頑張ったものの、仕事でミスを犯し、行方不明になってしまう。相変わらず傍若無人の社長に、晶は初めて抗議したが、「お前がいなくても会社は回る」と言われ、何も言い返せなくなってしまった。

恒星も粉飾決算の悪事から足を洗えず、失意の底にいた晶と恒星はキスを交わし、遂に一線を超えてしまう。

第10話(最終回)

お互いに性別を超えた、本音を言い合える友達になったと思っていた、晶と恒星は、一夜を共にしたことを後悔する。行方不明だった朱里が無事見つかる。

恒星は公認会計士・税理士を辞める決意をし、税務署にタレコミをして、脅されていた相手を殴り、どこかに消えてしまう。一方、晶は遂に会社を辞める決断を社長に伝える。

5tapの2周年記念の日、お店に集まる常連客。そこに晶と恒星の姿はなく、ビール工場に2人はいた。そこで、5tapの店で飲むはずだった高価なビールを2人で飲む。
最後に、鐘の音(呉羽が恋に落ちた時に聞こえると言った)が聞こえる場所に2人で行き、無事、鐘の音を聞き、手をつないでドラマが終わる。

ドラマ「獣になれない私たち」の魅力

主演の新垣結衣、松田龍平の美しさが魅力的。とにかく絵になります。
普通を演じさせたらピカイチのガッキー。佇まいだけで絵になる松田龍平。二人がビールを嗜む姿がとても美しいのです。

そして主人公だけでなく、周りのサブキャラクターにも愛情を注ぐ、野木亜紀子さんの脚本もとても良いです。
5tapのマスター役、松尾貴史や会社の同僚役の伊藤沙莉、犬飼貴丈はこのドラマの裏の主人公です。

そして1番の魅力は、この作品が1話完結型の消費型ドラマではなく、1話から最終話までかけて、人の心情や移り変わりを丁寧に描いている点につきます。

最終回、ドラマで重要な役割になっていた「ビール」で登場したキャラクターたちが乾杯をするシーンでは涙が出てきました。

こういうしっぽりしたドラマ、もっと観たいなぁ〜



テレビ
スポンサーリンク
necoをフォローする!
necoのひとりごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました