三浦大知 初心者におすすめ5曲 (EXCITE以外の曲)

三浦大知 初心者におすすめ5曲 (EXCITE以外の曲)

こんにちは!ねこ(@necostation)です!

2017年、紅白歌合戦にも初出場し
最近ではサントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー)のCMにも出演。

星野源の「アイデア」MVでは振り付けも担当するなど
活躍が目覚ましい、三浦大知さん。

かつては、Folderのメンバーとして
若干9歳(!)でデビューした彼が
三浦大知というソロアーティストとして、再デビューしたのが2005年。

【ライブレポ】三浦大知『ONE END TOUR』@日本武道館

突然ブレイクした、というより
もともと歌もダンスも、パフォーマンスについては
頭一つ出て秀でていましたから
自己プロデュースの力を発揮し出して
徐々にその実力が認められていって
ミュージックステーションに出演できたことが大きかったように感じます。

あえて、ブレイクした年を2017年と定義するなら、
12年もの間、世間が気づいてなかっただけ、という表現が正しいですね。

 

ショッピングモールで新曲リリースイベントをやっている時などは
こんなハイレベルなパフォーマンスを無料で見せちゃうのかよ!と
びっくりしたものです。

三浦大知は、EXCITE以外にも名曲がたくさんある 初心者におすすめ5曲

最近、三浦大知さんを知ったという方だと
仮面ライダーの主題歌「EXCITE」や
無音ダンスの「Cry&Fight」などをご存知の方は多いと思います。

ただ、彼の名曲は他にもたくさんあります。

“捨て曲”が存在しないんです。

カップリング曲の質もA面同様に高いのが、良いアーティストの証ですね。
三浦大知さんを最近知った方へ、おすすめの曲をご紹介します!

ダンス系ナンバー

①GO FOR IT

三浦大知 (Daichi Miura) / GO FOR IT <Part.1> -Music Video- from “BEST” (2018/3/7 ON SALE)

この曲がすでに5年前ってことに若干ビビってますが
この当時から、すでに「三浦大知」というアーティストは完成されてます。

サウンドもパフォーマンスも、
ここまでできるソロアーティスト、今日本では彼しかいません!

「GO FOR IT」は、サウンドがとにかくファンキーでかっこいい!
そしてPVも、便器や鏡を使ってのパフォーマンスが粋で
これまたかっこいい!

気分を上げたいときは、とにかくこの曲を聴きます。

 

②Complex

三浦大知 (Daichi Miura) / Complex -Choreo Video-

2017年の曲ですので、わりと最近の曲ではありますが
テレビではおそらく披露していない曲。

ブルーノマーズを完全意識した曲ですが
「三浦大知」の名が世間一般の人たちにも広まっていった中で
「DISCO×三浦大知」で遊ぶ余裕ができた……そんな感じがします。

ダンスが激しいせいか、普段あまりタイトな衣装は着ない印象ですが
こちらの曲はきっちりスーツで決めています。めずらしいっ!!

ディスコサウンドのこの曲は、リピートして聴けるスルメソング。
でもこの曲、ベストアルバムには入っていない、
カップリング曲なんです。

結構、カップリング曲の「名曲」が多いのが三浦大知。
必聴。

 

バラード系ナンバー

③Two Hearts

三浦大知 / Two Hearts

体操の内村航平選手もお気に入りの1曲。
(2人はテレビで対談したことがあるんですよね)

結婚式にも合う、王道のバラードソング。
ビートに合わせて、しなやかに踊る三浦大知が素敵っす。

実力がすごいから、柔らかい、しなやかな表現もお手のもの。
表現の幅が本当に広いです。

 

④You&Me

アルバム「Who’s the man」の本編一番最後の曲。(その後にRemix2曲入ってます)
歌詞もサウンドも、キュンキュンするバラード曲です。

若干、今より声が若く感じますね。
ただこのアルバムは、完成度が非常に高いので
なぜ、これで1位になれないのか、当時は不思議でしょうがなかったです。

 

⑤Human Nature(マイケル・ジャクソンのカバー曲)

マイケル・ジャクソンの名曲「Human Nature」のカバー。
子供の頃から、和製マイケル・ジャクソンと呼ばれてましたし
本人もマイケル好きですから
このカバーを歌うことは運命のようで、必然だったかなと思います。

さすがのリズム感で、マイケルの難しい譜割りを正確に再現。
確かCD化はされておらず、iTunesの洋楽カバーアルバムに収録されております。

 

 

番外編

Everlasting Love

Folder feat.DAICHI-Everlasting Love

こちらは、Folder feat.DAICHI 名義なので番外編。
MISIAも絶賛した、Folder時代の超名曲。

声変わり前の貴重な曲ですね。
まだ10代でこの完成度の高さ。恐ろしい表現力の素晴らしさです。

 

 

ここから、一旦休養に入るわけですが
三浦大知さんの素晴らしいところは
もともとの天性のパフォーマンス力に加えて、
自己プロデュースをして、着実に進化していった点に尽きると思います。

何か劇的に方向性を変えたというより
着実に積み上げて行った先で、世間にようやく認知されたというのが
素晴らしいです!

17歳で再デビュー、30歳で再ブレイクというのが感慨深い。。。
これからも応援したいと思える、

三浦大知は、日本を代表する、真のアーティストです!

【ライブレポ】三浦大知『ONE END TOUR』@日本武道館