テレビ

「PRODUCE101 JAPAN」第10話感想 コンセプトバトル後半

PRODUCE101 JAPAN 第10回の感想 コンセプトバトル後半テレビ

101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。オリジナル5曲でグループで戦う「コンセプトバトル」が行われた第10話までの感想を述べたいと思います!

スポンサーリンク

「PRODUCE101 JAPAN」とは?

「PRODUCE101」はもともと韓国で放送されていた番組で、候補生の中から、視聴者投票(国民プロデューサー)でデビューメンバーが決まる大人気サバイバルオーディション番組です。

このフォーマットがそのまま用いられ、日本では吉本とCJENMが展開。司会はナインティナインが務めています。

第9話までの感想は、以下の記事でご覧ください↓↓↓↓

「PRODUCE101 JAPAN」第4話〜最新話までの感想 デビューメンバー予想!
101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。第4話までの感想と、気になるデビューメンバー予想をしてみました!
「PRODUCE101 JAPAN」第5話感想 第一回順位発表 初の脱落者発表…
101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。いよいよ初の脱落者発表となった、第5話までの感想を述べたいと思います!
「PRODUCE101 JAPAN」第6話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?
101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。いよいよ折り返し地点の「グループ評価」、第6話までの感想を述べたいと思います!
「PRODUCE101 JAPAN」第7話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?
101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。「グループ評価」の後半、第7話までの感想を述べたいと思います!
「PRODUCE101 JAPAN」第8話感想 コンセプトバトル/第2回投票結果
101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。オリジナル5曲でグループで戦う「コンセプトバトル」、36位以下が脱落となる第2回投票結果が放送された、第8話までの感想を述べたいと思います!
「PRODUCE101 JAPAN」第9話感想 コンセプトバトル/放送時の投票結果
101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。オリジナル5曲でグループで戦う「コンセプトバトル」が行われた第9話までの感想を述べたいと思います!
「PRODUCE101 JAPAN」ファイナル感想<11人のデビューメンバー>決定!
101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。いよいよ最終話は生放送の2時間! 国民プロデューサーの投票で、デビューメンバーが決定しました。
PRODUCE101 JAPANから誕生“JO1”、デビュー曲「無限大」を考察!
オーディション番組「PRODUCE101 JAPAN」から、11人のボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」が誕生しました!デビューメンバーのプロフィールから、デビューシングル「PROTOSTAR」を考察します!

テーマソング「ツカメ」やファイナルで披露された曲などが、音源発売されております♪

練習生の写真が収められた、待望のFANBOOKも発売されております!

デビューシングル『PROTOSTAR』は、2020年3月4日に決定!

そして、デビューグループ「JO1(ジェイオーワン)」のデビューシングル発売が2020年3月4日に、決定しました!3形態で発売され、収録曲がそれぞれ異なるようです。

デビュー評価で披露された「YOUNG」「Grand Master」が別形態に収録されるということで、運営の敏腕ぶりが感じられます(笑)
初回盤には、イベント参加応募抽選券が入っているということなので、これは買うしかない!

3形態をまとめて買うと先着特典でポスターが付くようですが、購入サイトによって絵柄が異なるようなので、各店舗チェックが必要。無くなり次第、ポスターは終了とのことなので、急ぎましょう!

最終結果前、ファイナリスト20人のメンバー

前回の第11回の放送では、辞退者が出る事態もあり、波乱を含んだファイナリスト発表となりました。
ファイナリストは、以下の20名。

「PRODUCE101 JAPAN」第10話の感想

放送直前に、上位にいつもランクインしていた、キムヒチョンくんが一身上の都合により、辞退することが発表されました。

※以下、ネタバレも含んでいるので、ご注意ください!

第10回の放送は、35人が5つのチームに別れ、オリジナル課題曲5曲を披露するチームを作る「コンセプトバトル」後半の回でした。

なお、観覧に来たお客さん620人は一番良かったチームと、グループごとに気になったメンバー1名に投票ができるシステム。

「グループ1位」になったチームには22万票が与えられますが、今回は表を分け合う形になりました。グループ1位になったチーム内で、グループ内1位のメンバーには10万票、2〜7位は2万票が与えられます。

オリジナル5曲はこんな感じ。

【1】BlackOut→FuturePop 宇宙的
【2】やんちゃBOYやんちゃGIRL→Retro house  題名からして可愛い感じ
【3】DOMINO→Future Bass 超かっこいい曲、実力ないと絶対難しい
【4】クンチキタ→Dance hip hop ラップがありつつ、かっこいい曲
【5】Happy Merry Chirstmas→house 可愛らしい曲で一番ボーカルを聴かせる曲

オリジナル5曲

【1】BlackOut(パフォーマンスは前回放送)

大澤 駿弥(ラップ)
キム・ヒチョン(リーダー・センター)
本田 康祐(サブボーカル)
安藤 誠明(メインボーカル)
與那城 奨(サブボーカル)
金城 碧海(ラップ)
佐野 文哉(サブボーカル)

 

【2】やんちゃBOYやんちゃGIRL(パフォーマンスは前回放送)

宮島 優心(センター)
今西 正彦
北川 玲叶
小松 倖真(メインボーカル)
佐藤 隆士(セブボーカル)
福地 正
大平 祥生→DOMINOチームから、やんちゃBOYチームへ

 

【3】DOMINO

川尻 蓮(センター)
川西 拓実
鶴房 汐恩
豆原 一成
キム・ユンドン(リーダー)
チョン・ヨンフン(センター)
河野 純喜(メインボーカル)

<先週の回で移動>
大平 祥生→やんちゃBOYチームへ
木全 翔也→クンチキタチームへ
佐藤 景瑚(メインボーカル)→クンチキタチームへ

投票上位メンバーしかいないアベンジャーズチームなので勝って当然」という見えないプレッシャーがあったと思います。
どのチームからも敵視されて、みんなキツそうでしたね。

トレーナーチェックでは、WARNER先生に河野くんがダンススキルを指摘されてしまいました。(いや上手い人しかいないから、目立っちゃう)

そして、川尻くんの熱意や本気がハンパありません。日本のアイドル界に新しい風を吹かせたいと、一人だけ次元が違う発言をしてくれました!

もうみんな練習に打ち込みすぎて、Tシャツがビショビショ!!!

本番はもう文句なしの出来。相当なプレッシャーに打ち勝ってレベルの高いパフォーマンスを見せてくれました。

【4】クンチキタ

青木 聖波
宮里 龍斗志(メインボーカル)
井上 港人(ラップ)
上原 潤(リーダー/センター)
岡野 海斗
木全 翔也→DOMINOチームから、クンチキタチームへ
佐藤 景瑚→DOMINOチームから、クンチキタチームへ

「クンチキタ」は韓国語の太鼓の音を表した言葉だそうです。(日本でドンカッカッ的な)
こちらのチームは、他のチームから移動してきて悔しい思いをした人が2人(佐藤くん&木全くん)。その想いを歌やパフォーマンスを乗せていました!

「クンチキタ」は5曲の中で唯一のラップ曲、ライブパフォーマンスに映えるヒップホップ。
それぞれにこの曲に懸ける熱い想いがあるので、本番ではパフォーマンスに“かっこよさ”がみなぎってましたね。

【5】Happy Merry Chirstmas

白岩 瑠姫(センター・サブボーカル)
佐藤 來良(ラップ)
床波 志音(サブボーカル)
男澤 直樹(リーダー・メイン)
中本 大賀(サブボーカル)
磨田 寛大(ラップ)
浦野 秀太(メインボーカル)

ボーカルが得意なメンバーが揃ったグループで、クリスマスの明るい曲を披露しました。
なんと、センターの白岩くんは、今まで日プで「センター」しか経験していないという逸材。いやぁ、華があります。

ハッピーな可愛い曲だけに、表情作りに白岩くんは苦戦していました。床波くんは振り覚えがなかなか出来ず。。。

トレーナーチェックでは、明るい曲に対してグループ全体の表情作りのなさが注意され、床波くんは一人で踊れと言われて踊れなくなってしまいました。そして号泣。

歌って、踊って、笑顔で明るい顔で。これを同時に保つのが非常に辛い。でも、それが出来ないと歌手になれない、と断言するリーダー男澤くんはさすがです。

前日リハーサルではWARNER先生に、集中力がない、振りが揃っていないと注意されてしまい、なんとも不安なまま本番を迎えました。

しかし本番ではWARNER先生がA-NON先生とハイタッチするほど、明るく楽しいパフォーマンスに! あと、やっぱり白岩くんのセンターが素晴らしい。真ん中以外、似合わない。

[adchord]

特別企画 7人の練習生が女装に挑戦!

セミダブル大澤くん、IKKO男澤くんがMCとなり、コンセプトバトルの結果が出る前に放送されました。
こういうブレイク企画を入れてくれるの嬉しい。

練習生7名が投票により選ばれ、それぞれ女装に挑戦! 練習生のチョイスが素晴らしいですね。
メイク・衣装サポートに練習たちも入りました。

1.チョン・ヨンフンくん→大人女子 前髪パッツンかつらで、普通に可愛い!
2.川西拓実くん→ゆるふわ系女子 hicoのスタイリングセンスが光りました。え、普通に女子じゃん。
3.北川玲叶くん→日本美人 浴衣で登場! え、普通に女子じゃん。しかもメイク薄くて十二分に女子。
4.福地正くん→メイド 顔立ちが濃いので、濃いメイクも似合う。彫りが深くて、外人みたい。
5.白岩瑠姫くん→インテリ女子 超美人。いや脚綺麗っっ!宮里くんのタイプだそうです。
6.鶴房汐恩くん→ギャル メイク映えするし、可愛い!! いや、歩き方が男(笑)
7.安藤誠明くん(圧倒的投票数だった模様)→人類最強の女 テーマが一人だけ壮大。なぜかチャイナ服。人類最強に濃い。

なお、MCの男澤直樹くんもIKKOに変身しました!カツラのクオリティの低さ(爆笑)
姫ビジュアルセンターの優勝は、安藤くんとなりました!
テーマが、人類最強の女ですからね。

【最終結果は?】コンセプトバトルのグループ優勝は?

チーム順位の結果

1位:クンチキタ
2位:Happy Merry Chirstmas
3位:DOMINO
4位:BlackOut
5位:やんちゃBOYやんちゃGIRL

まさかのアベンジャーズチームDOMINOが3位、グループ1位は「クンチキタ」チーム!
他のチームから移ってきたメンバーが一番多いチームだったので、涙涙の1位となりました。

グループ1位の中で、さらに1位のメンバーは?

グループ1位になったチーム内で、グループ内1位のメンバーには10万票、2〜7位は2万票が与えられます。
クンチキタチーム内での1位は、井上 港人くん(ラップ)!!!!
挑戦と努力がようやく実りました。10万票は大きい!!!

スポンサーリンク
necoをフォローする
necoのひとりごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました