「PRODUCE101 JAPAN」第4話〜第8話までの感想 デビューメンバー予想!

「PRODUCE101 JAPAN」第4話〜第8話までの感想 デビューメンバー予想!

101人の候補生の中から、視聴者投票で「11人のボーイズグループ」が決定しデビューする「PRODUCE101 JAPAN」。第4話までの感想と、気になるデビューメンバー予想をしてみました!

「PRODUCE101 JAPAN」とは?

「PRODUCE101」はもともと韓国で放送されていた番組で、候補生の中から、視聴者投票(国民プロデューサー)でデビューメンバーが決まる大人気サバイバルオーディション番組です。

このフォーマットがそのまま用いられ、日本では吉本とCJENMが展開。司会はナインティナインが務めています。

モーニング娘。などを生んだ、日本のオーディション番組「ASAYAN」で司会を務めていたのがナインティナインなので、今回おそらく抜擢されたのでしょう。

「PRODUCE101 JAPAN」第4話までの放送の感想

※以下、ネタバレも含んでいるので、ご注意ください!

最新話の感想は以下からどうぞ!↓

「PRODUCE101 JAPAN」第8話感想 コンセプトバトル/第2回投票結果

第4回の放送までに、候補生99人がパフォーマンスによるレベル評価により、クラス分け(A/B/C/D/F)をされ、第1回現場評価「ポジションバトル」という観客を前にパフォーマンスをして、観客の投票を受けるというところまできました。

「ダンス」「ボーカル」「ラップ」自分の得意とするポジションで、同じ楽曲を2チームに別れて披露し対戦。どちらのグループが良かったか、グループの中で誰が1番良かったかを現場の観客が投票できるシステムになっていました。

Aクラスから希望の曲を選べて、定員に達すれば終わり。B以降の順番は岡村さんが引く、くじの運次第。
希望のポジションや曲を選べる子もいれば、希望通りにならない候補生もいるのが面白いところ。
希望通りにならなかったことで、花咲いている子もいましたね〜

私は現場評価を運よく観客として観覧し、投票することができたので、放送内容と混ぜて感想を述べていきたいと思います。(ちなみに、放送まで投票集計結果などはわからず)

観客を入れての収録の際、岡村さんが下ネタをかまし過ぎて、twitterでは批判が殺到してしまいましたが、番組内では綺麗に編集されておりました(笑)

「PRODUCE101 JAPAN」第5話の感想 第一回順位発表 初の脱落者発表…

「PRODUCE101 JAPAN」第6話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?

「PRODUCE101 JAPAN」第7話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?

「PRODUCE101 JAPAN」第8話感想 コンセプトバトル/第2回投票結果

Advertisement

「ダンス」部門は、歌入れを後からしている

ダンス部門「DNA(BTS防弾少年団)」「WILD WILD WILD(EXILE THE SECOND)」などの曲は、会場では原曲を流しており、放送の際は歌入れしたものを被せて放送していました。(ボーカル、ラップは生の音源)

なので、現場での印象(原曲)と、か映像(彼らの音源)で判断するのとでは、だいぶ違うのかなと思います。(現場では当然「ダンス」とグループとしてのパフォーマンスを評価するので)

観覧当日、個人的に一番熱くなったパフォーマンスは、この2組の「WILD WILD WILD」。
現場で見た際はAクラスがいないとか知らずに見ていたし、正直曲自体も知らなかったのですが、うぉーーーーー!!!と叫んでいる自分がいました。

同じ曲でも、振り付けや演出でこんなに化けるんですね。

【徹底比較】TWICE、BLACKPINK、Red Velvet 3つのKPopガールズグループ

自画自賛。現場評価の皆さん、実力でちゃんと選んでた!

現場でも、すでに候補生の知名度、人気には差がありました(当然、人気商売ですからね…)。
なので、結局イケメンだったり、もともと人気ある子で選ばれちゃうんじゃ?とも思いました。

もちろん、外見のかっこよさや雰囲気も大事ですけどね。
しかし、放送で投票結果を見てみると、結構ちゃんと「実力」で評価されていて、うれしかったです。(男澤くんは特に…)

あと、放送ではどのように、本番に至ったかというビハインドストーリーを見てから、本番の映像が流れますが、現場では完全に「パフォーマンスでの評価」となるので、だいぶ見え方が違いました。
報われた子もいれば、努力が報われない子もいる、厳しい世界です。

SHINeeテミン J-WAVEイベントレポ 11/23(金) YouTube Music Night

Advertisement

臨機応変な日プ運営。しかしやはり、100%公平は難しい

10/18で第1回の投票が締め切られることもあり、第3回の放送でステージが放送される子、第4回で初めてステージが放送される子で差がでる!といった声が多かったようです。

その声が生かされたのか、前倒して、推しメンオンリーの映像がYouTubeに掲載されました。
画質が悪いって声もたくさんありましたが、単純に99人分の映像を作るって大変なんですよ…

また、第3回の放送でのボーカル部門。誰がどのパートを歌っているかわからないという声が多かったので、第4回では名前のテロップが掲載されていました。
運営、やりますね……

ただ候補生がたくさんいれば当然、目立つ子も入れば、正直いまだにまったく名前を顔が一致しない子までいます。YouTubeやSNSで候補生全員の映像は流れていますが、放送内では完全に平等にはならないもの……。

発言の一部を切り取られたり、映像カットのつながりで意図しない意味にとられたり→俗にいう「悪編(悪編集)」。
コンテンツである以上、素材として使われやすい、使われにくいがどうしても発生しています。
「使われる」を意識しすぎてやりすぎると、それも意外と画面をとうして伝わるのが不思議です。

この子、本当は実力あるのに……全然映んない!!! という歯がゆさもプデュの魅力。
日の目を見なかった子が、たった1つのパフォーマンスで一気にスターになるのも、プデュの魅力だと感じました。

SHINeeテミン J-WAVEイベントレポ 11/23(金) YouTube Music Night

「PRODUCE101 JAPAN」第5話感想 第一回順位発表 初の脱落者発表…

「PRODUCE101 JAPAN」第5話感想はこちらからどうぞ!

「PRODUCE101 JAPAN」第6話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?

「PRODUCE101 JAPAN」第6話感想はこちらからどうぞ!

「PRODUCE101 JAPAN」第7話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?

「PRODUCE101 JAPAN」第7話感想はこちらからどうぞ!

「PRODUCE101 JAPAN」第8話感想 コンセプトバトル/第2回投票結果

「PRODUCE101 JAPAN」第8話感想はこちらからどうぞ!

デビュー予想【1】川尻蓮

番組のテーマソングのパフォーマンス映像でも、大勢の中のセンターだったのが川尻蓮くん。
バックダンサーとしての経験もあり、パフォーマンスが明らかに群を抜いています。

しかも、ゴリゴリに低い声、クールな人柄かと思いきや、意外にも声が高くてとにかく謙虚。
苦労した仲間のために、泣ける、喜べる。

現場評価の際、自分が投票しなくても当然残りそうな人よりも、目立たずアピール下手な子に投票しようという心理が働いていましたが、彼だけは違いました。

パフォーマンスはもちろん、そこに立っているだけで圧倒的なオーラがすごかったです。
なので、彼に投票しました。投票せざるを得なかったというか……それぐらい何かが違いました。

結果2位でしたが、この推しメン映像の再生回数もダントツトップなので、デビューはほぼ確実かと思います。
というか、デビューできなかったらおかしいです。

デビュー予想【2】豆原一成

YouTubeコメントでは「毎日おばあちゃんを助けてそう」と言われ、どの世代にも、好感度が高そうな爽やかボーイ。まだ高校3年生!
三浦大知ファンとしては、最初のレベル評価で「EXCITE」を披露してくれたのはとっても嬉しかった!
歌って踊れる本物のアーティスト、最近なかなかいないので…

三浦大知 初心者におすすめ5曲 (EXCITE以外の曲)

90’s Hip Hopのダンスを得意としていて、歌もちゃんと歌える。(トレーナーからはまだ声変わりが安定していないと言われてた、若いな)

視聴者投票ではすでに1位を取っているので、デビューはかたいかなと。とても優しそうなので、俺が!俺が!と前に出て行かなそうで勝手に心配しています。

そして、デビューできても汚れないでほしい。急にハイブランドな帽子とか被って欲しくないと、お母さん願っています。

【ライブレポ】三浦大知『ONE END TOUR』 @日本武道館 2019.02.16

デビュー予想【3】川西拓実

嘘でしょ、これでダンス未経験という逸材。リズム感も素晴らしいし、今まで何してたんですかという「100年に1人の逸材」です。
自分の見せ方を本当によくわかっているけど、まったく不快にならないのが不思議ですね。

再評価テストでBクラスから、Aクラスに上がる根性。
練習の際の野心に満ちた眼差し。仕事を辞めて、プデュに参加しているみたいですが、本当今までなんで芸能人じゃなかったんですかね?

デビュー予想【4】安藤誠明

現場に彼が登場した際に、会場にどよめきが起きたんですよね。「なんだあのイケメンは?」と。
そして、ただのイケメンだけじゃなく、熱くポジティブ。

放送もされていましたが、本番でSuperflyのタマシイレボリューションが原曲キーで流れるアクシデントがあったのにも関わらず、「原曲キーで歌い切ってやると思った」という漢(おとこ)ぶりを見せてくれました。
歌も安定していて、デビューできたらビジュアルとボーカルの要(かなめ)になりそう。

デビュー予想【5】鶴房汐恩

一番最初のレベル評価で「態度が悪い」などの理由で、Cクラスに。その後再評価テストで、Aにあがりました。

韓国の事務所に練習生として属していたようなので、実力は十分。
そして、何より華がありますね。
変に自分を飾ったり、計算したりしない、不器用でまっすぐ男の子なんだなと思います。

デビュー予想【6】大澤駿弥

自己アピールで、熱いラーメンをすすり、ほぼほぼ自己アピールできないという、最大なインパクトを残した大澤くん。

クラスに一人はいる、「黙っていればイケメン」のお調子者男子といった感じで、グループになった時に絶対欲しい「陽キャ」ですね。候補生の中でも、人気者そう。。

夜には酔っ払ってしまって、子供の電話に出ないというお母様、とても素敵です。

デビュー予想【7】今西正彦

テーマ曲のエンディングで、強烈なインパクトを残し、放送前より話題になっていた、ヒコ。
映像見なくても、サムネイル見るだけで、もう十分。

喋り口調が柔らかい感じで好き嫌いが分かれそうな彼ですが、7月7日生まれということで、ファンを「織姫」と名付けたり、ポジションバトルで「自分に足りない男らしさ」を前面に押し出したEXILE系の曲を選ぶなど、自己プロデュース力はピカイチかと思います。

私はおばあちゃん子と予想していましたが、お姉さんが4人いるということで妙に納得できました(笑)

そして、振り付けのセンスが抜群!
11人のグループになった時に、調和が取れるかは未知数ですが、ダンスの能力はすごいし、デビューできてもできなくても、この先が楽しみな男の子です。

デビュー予想【8】男澤直樹

観覧で見に行った際、1日の中でダントツに歌がうまかったのが、男澤(おざわ)くんでした。
会場がどよめくほどの歌唱力だったので、私は彼に投票しました。
見事ボーカル部門で1位、おめでとう!!

「男澤」でバズっていたので、本当に嬉しかったし、日の目を見なかった子が1日にしてスターになる瞬間こそ、プデュの魅力なのだ!と実感させられました。

「PRODUCE101 JAPAN」第5話の感想 第一回順位発表 初の脱落者発表…

「PRODUCE101 JAPAN」第6話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?

「PRODUCE101 JAPAN」第7話感想<グループバトル評価>メンバー編成は?

「PRODUCE101 JAPAN」第8話感想 コンセプトバトル/第2回投票結果

ということで、これからもPRODUCE101を追い続けます!

サバイバル番組「PRODUCE48」で誕生 IZ*ONEにどハマり!日本人メンバーも在籍