【本レビュー感想】しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう

【本レビュー感想】しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう

VOGUE GIRLで人気!占い師 しいたけ.さん

こんにちは!ねこ(@necostation)です!

月曜日のお昼、twitterのトレンドワードに、必ず「しいたけ」というワードが上がります。
女性ならご存知の方も多いと思いますが
週初めの月曜日、雑誌VOGUE GIRLのサイトで、無料で1週間の占いがアップされるからです。

占っているのは、「しいたけ.さん」。
しいたけ.さんが知られるようになったのは、2015年あたりからでしょうか?
本人の顔は明かさず、しいたけのイラストで登場しています。
VOGUE GIRLでの無料占いが、生きる指標になっているという人までいるほど、
女性の間でほど人気なのです。

Advertisement

しいたけ.さんが支持される理由は
「私をどっかから見ているのか?」と思うほどの的中力や説得力に加えて
軽妙でわかりやすく、面白い語り方にあると思います。

地獄に落ちるわよ!とか、あなたの背後に怪しいオーラが見える、、、といった
極端な語り口や内容ではなく、
とにかくライトで読みやすく、内容がちゃんとリアルな生活に直結しており、
例えが面白く、心にストンと落ちてくるのが小気味良いんです。

例えば私は乙女座なのですが、
今までしいたけ.さんの言葉で当たりすぎていて
しかも解決法への納得感がすごすぎたのが、以下です↓↓

好き嫌いが激しいので、
心が荒むと「うるさいバカ引っ込んでろ」と他人に毒を吐きがち。
だから日々の「感動の演出」が大事で、
ディズニーランドなど一度で攻略できないものを好きになるといい。

まさに、私のこと!!!!
そして、私にとって一度で攻略できないものが
音楽や映画、新日本プロレスといったエンタメだったりするわけです(笑)

プロレス知識0の私が、新日本プロレスにハマった理由

当たる・当たらないじゃない、占い師の「スキル」とは?

実は過去に、仕事で占いのサイトを作っていたことがあります。
何人かの占い師さんと仕事をさせていただいたのですが、
「当たる占い師」「当たらない占い師」は確かに存在しました。

でも、実は占いをしてもらう人が求めていることは
それ以上に「どう語ってもらい、自分が納得できるか」だと思います。

人の悩みの多くは、いつの時代もそうは変わりません。
自分の将来が不安、片想いの相手の気持ちが知りたい、将来結婚できますか?とか。

そういう悩みに対して、
占い結果が「当たる・当たらない」というのも占い師のスキルではありますが
何をどのように占ってもらうかという流行り・トレンドは少なからず存在します。

例えば、「私は将来結婚できますか?」という問いに対して
「できない」「結婚しない」という占い結果を伝える時、伝え方は色々あるのです。

「できるわけないじゃない!努力してないもん!」
「少し難しいかもしれませんが、本気で結婚したいなら努力が必要ですね」
「将来、結婚という形を取らない可能性が高いですね」

このように同じ占い結果を伝えるのでも、
伝え方一つでお客さんの満足度は変わるということです。

ゲッターズ飯田としいたけ.の違い

2010年あたりから、元芸人「ゲッターズ飯田」が占い師が
人気になり始めたと記憶しています。
顔にお面?目マスク?をつけていますが、イラストではなく
本人がテレビや雑誌に出演しています。

四柱推命と九星気学を混ぜた占い方のようですが
彼の占いの特徴は、
占いに「ニヒルな笑い」や「笑いのエッセンス」を加えてる点だと思います。

よく「心が中二のまま」とか「心が生まれた時から60歳」といった表現を使い
占いをエンタメ化して、結果を面白く伝える姿勢が感じられますね。

一方、しいたけ.さんの占い方は
リーディング(オーラカラー、ソウルカラー)、十二星座の星占いが基本。
彼の場合は、面白く伝えようとするというよりは
ユーザー目線でわかりやすく伝えようとした結果、ユニークな表現になるという感じですね。

しいたけ.さんとゲッターズ飯田の最大の違いは
「ユーザーと同じ目線にいるか、否か」の違いだと思います。

ゲッターズ飯田さんはかつて雑誌の対談で
「結婚していない女の人は性格悪い人多い」という失言をして
女性人気が下がったと言われています。

本人は冗談のつもりだったかもしれないし、
雑誌で活字にした時の言葉のあやだったかもしれないですが
まぁあまりいい言い方ではないですよね。。。

最新本「しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう」の感想

twitterやブログを見て、しいたけ.さんの本が気になり
今回購入して読んでみました。

占い本によくありがちな、
自分に関係ない星座や説明のページがいらなくなるという悲しい事象、
この本ではありませんでした。

本の中のコーナー「相談編」で、
相談者が乙女座のA型◯◯さんからのお悩み相談、などはありますが
どのページも不要になることはなく、
今回の本は今までのしいたけ.さんの本の中でも、
今回が一番「エッセイ」に近いように感じました。

心が軽くなるような、重くなりすぎない文章表現が巧みな方ですね。
えっ?と思うような例えで読者を惹きつけて
優しく諭すように説明をしていく。

今は変な夢ごとや過剰な叱責よりも
フラットに語られるリアルな生活に直結した、
肩肘張らない占いが求められる時代なんでしょうね。
そういった時代のニーズにもっとも合っているのが、しいたけ.さん。

占い本あまり買わないですが、エッセイ本みたいで面白いですよ。