Amazonで無印良品のアイテムが購入可能!

TTだけじゃない!情熱大陸出演「TWICE」の魅力を徹底解剖!

TTでブレイク!情熱大陸出演 K-Popガールズグループ TWICEK-Pop

こんにちは!ねこ(@necostation)です!

紅白歌合戦に2年連続出場、9人組のガールズグループ『TWICE』。日本デビューを果たしているK-Popグループの中でも、日本でのセールスは群を抜いています。

2019年には、少女時代もKARAも成し遂げていない「ドームツアー」を開催。TTだけじゃない、TWICEの魅力に迫ります!

スポンサーリンク

TWICE リーダー・ジヒョ『情熱大陸』に出演!

日曜夜11時に放送中のドキュメンタリー番組「情熱大陸」には、BoAや少女時代もかつて出演し、ツアーやテレビ収録の裏側に密着していました。

少女時代の放送の際は、9人のメンバーそれぞれにインタビューを敢行していましたが、TWICEの回は、リーダーの「ジヒョ」にフォーカスをあてていました。

「情熱大陸」の内容 夢に見た初のドームツアー #Dreamday

少女時代が情熱大陸に出演した際は、日韓関係の冷え込みに触れるインタビューがされていましたが、今回は一切なし。

多忙なスケジュールで、いろいろ大変なはずですが、疲労困憊な姿や、素に近い姿はあまりなく…事務所の意向もあるんでしょうが、若干浅いドキュメンタリーにも感じました。

スポンサーリンク

そして、リーダージヒョにフォーカスを当てた割には、彼女が1番年上だからリーダーをやっているのではなく、練習生を10年やっていた事実などは紹介されず…

日本人3人のスカウトの経緯も紹介されていたので、今回なぜジヒョにフォーカスしたのかは、よくわかりませんでした。

が、しかし、やっぱりTWICEは可愛い!ツアーの裏側をもっと知りたかったですねぇ。

「TWICE」誕生のルーツ、グループの名前の由来

TWICEが韓国でデビューしたのは、2015年。どのように誕生したグループなのでしょうか?

サバイバルオーディションで誕生

結成のきっかけは、「Mnet」で放送された、サバイバルオーディション番組「SIXTEEN」です。

オーディション番組といえば、日本でモーニング娘。が誕生した「ASAYAN」を思い出しますが、ASAYAN以上に、この韓国で放送されていた、サバイバルオーディションの内容がかなりえげつない!

16人の候補メンバーが「メジャー」「マイナー」と2つのグループに思いっきり階級を分けられて、練習環境や、ステージ衣装などにも差をつけられます。

グループごとに写真撮影のミッションを課せられた際には、カメラマンに思いっきり名指しで「あなたが写真写りが悪くて、足を引っ張っている」などと言われる始末……(怖い)

neco
neco

えげつない厳しい世界……

メンバーが途中でグループを入れ替わり、降格・昇格したり、脱落したり……ファンとしては、応援している子の涙に思わず感情移入してしまう作りになっているのです。

TWICEは、過酷なサバイバルを生き残った先鋭9人。ファンがグループ結成の苦境を知っているので、応援しやすいんですね。

TWICEのヒット以降、このようにサバイバル番組で誕生したグループが韓国でヒットしており、HKT48の宮脇咲良などが所属する「IZ*ONE」も、オーディション番組から生まれたグループです。

これからも、このような動きが続くかもしれませんね。

なんで、TWICEは「2回」というグループ名?

neco
neco

そういえば、なんで「TWICE」って名前?

TWICE(トゥワイス)、「2回」という意味ですが、素晴らしいミュージックで魅了し、素晴らしいパフォーマンスで二度、魅了するという意味が込められています。

ちなみにファンの総称は、ONCE(ワンス)です。韓国ってファンの人たちに名前をつけるの、なぜなんですかね?


セクシーもこなすTWICE SHINeeテミン『MOVE』をカバー

TWICEといえば、可愛い曲調が多いイメージがあります。しかしながら、メンバーの基礎力が高いため、可愛いだけに止まらない表現力を持っています!

例えば、香港で放送されたテレビ番組「Music Bank in Hong Kong」で披露された
韓国ボーイズグループSHINeeのメンバー、テミンのカバー曲「MOVE」。

踊っているのは、TWICEのメンバー、モモ、ミナ、ダヒョン、チェヨン。特に、日本人メンバーのモモは、オーディション番組で最終選考に漏れていたのにも関わらず、ダンスのスキルを認められ、TWICEのメンバーに選出されたツワモノ!

可愛いだけではなく、セクシーもこなせるTWICE。今後、セクシー系のかっこいい曲を期待しております!

ちなみに本家、SHINeeテミンの「MOVE」が下の映像。昨年ラジオのイベントに運よく当たった時にも、目の前で素晴らしいパフォーマンスを目にしましたが、テミンにしかできない世界観を出してますね〜。

日本オリジナル曲も、“大人のTWICE”へ

個人的には、日本オリジナル曲が少し可愛すぎるように感じていたので、可愛さの中に、洗練された“かっこよさ”がある、韓国オリジナル曲の方が好きです!

韓国オリジナル曲「LIKEY」が私は好きなのですが、間奏のモモのダンスが圧巻!

「LIKEY」が収録されたベストアルバム↓

日本オリジナル曲で、少女時代でいう「Mr.Taxi」のような、カッコいい曲への方向転換をいつ行うのか気になっていましたが、2019年ついに「Breakthrough」で舵を切りました。

「Breakthrough (taalthechoi Remix)」のリミックスバージョンが本当におすすめ!韓国で大ヒットした「FANCY」の日本語バージョンも収録されています。

「Fell Special」も名曲!2019年TWICEは、人気継続を十分に証明しました。

息の長い女性グループが日本は今、なかなかいない状況なので、ぜひ頑張って欲しいです!

K-Pop
スポンサーリンク
necoをフォローする!
necoのひとりごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました