Amazonで無印良品のアイテムが購入可能!

知識ゼロ・超初心者の私が、新日本プロレスにハマった理由

プロレスにハマっちゃった新日本プロレス

こんにちは!ねこ(@necostation)です!

プチ引きこもり時代にAbemaの「格闘チャンネル」で、“運命の試合”を見かけてしまい、新日本プロレスの虜(とりこ)に。その試合とは、東京ドーム(イッテンヨン)の中邑真輔vs飯伏幸太の試合でした。

スポンサーリンク

脳内に、プロレスの「プ」の文字もなかった時代

ついこの前まで、私はプロレスとは無縁の人生を歩んでいました。
何をしたら勝ちなのかルールも知らないぐらい。周りにプロレスファンが一人もいなかったことも大きい要因でしょう。

私の中でかつて、「プロレスの定義」はこうでした。

  • プロレス=大仁田厚
  • プロレス=血だらけ
  • プロレス=男だらけ
  • プロレス=やらせ
  • 結局プロレス=大仁田厚

叫ぶ姿

固定概念が強すぎて、相当に誤解をしており、今ならこれらの考えは、ほとんど合っていなかったと、理解ができます。

情報がアップデートされていなかったというのが正しいかもしれません。

それもそのはず……
プロレスの試合映像を最後にみたのが、1990年代後半だったから。(絶対に大仁田厚)

K-1やPRIDEが流行っていた2000年代初頭は、それとなく格闘技系の試合映像を目にする機会が多かったとは思いますが、2000年に入ってからは、一切プロレスの試合映像を見る機会がなかったと記憶しています。

時は流れ、ちまたに「プ女子」という言葉が流行りだした、2014年頃になっても……
テレビで活躍する「棚橋弘至」や「スイーツ真壁」の存在を知っても
彼らがどのような姿で試合で戦っているかまで知りませんでした。


プチ引きこもり時代に青天の霹靂……中邑真輔vs飯伏幸太

私には1年半ほど、無職時代があった。ちょうど2015年〜2016年あたり。
結婚して「専業主婦」になったと言えば聞こえが良いですが、転職したばかりの会社を数ヶ月で辞めてしまい、毎日目的もなく、浪費をするわけにも行かず、鬱屈とした気持ちで過ごしている、“プチ引きこもり状態”でした。

引きこもる姿

そんな日々のほとんどの時間を私はスマホを見て過ごしており、
おそらく1日10時間ぐらいは平気で、スマホの映像やサイトを見ていたはず。

そんな中、私はAbemaの「格闘チャンネル」で、“運命の試合”を見かけてしまう。

ーーその試合は

2015.1.4(イッテンヨン)東京ドーム 中邑真輔vs飯伏幸太

2015年のベストバウト(最高の試合)にも選ばれている素晴らしい試合なので、今となっては、運命の出逢いとなったことも必然だったと思える。

2015.1.4 WRESTLE KINGDOM9 NAKAMURA vs IBUSHI Match VTR

今でもこの試合が、私の中でベストバウトな理由

私がプロレスにハマったきっかけを作ってくれた試合ということもありますが、この試合のインパクトを超えるものは、正直なかなかない。

再放送を含めると4.5回は、この試合を見ています。
結果も知っているのだが、毎回興奮してしまうのです。

プロレス知識0だった私を、これほどまで魅了した理由はなんなのかーー。

中邑真輔の入場がなんだかすごい。

今では、アメリカのWWEでスーパースターとなった中邑真輔。
プロレスラーは普通ベビーフェイス、ヒールといった、カテゴリに分けられるのですが、彼の場合は、「中邑真輔」というカテゴリ名がふさわしいほど、オリジナリティーに溢れています。

この試合は、特に入場がインパクト大。
金の王冠を被り、真っ赤な“やたらと長いマント”を纏い、花道をまるで、ウェディングロードのようにマントを引きづりながら、歩いて入場していた姿が印象的です。

そのあまりに“衝撃的な姿”に、飯伏幸太が少しニヤついた姿も、カメラに収められています…。

スポンサーリンク

飯伏幸太の人間離れした飛び技。

イケメンレスラーとも呼ばれる、飯伏幸太。
彼のプロレスには、他の選手とは一線を画する魅力や凄さがある。

なぜ、そこから飛べる?

なぜ、そこから回転できる?

なぜ、途中で我を忘れてキレる?

飯伏幸太のプロレスには、とにかく毎回びっくりさせられる。

スポンサーリンク

二人の試合展開がとにかくすごい。理屈じゃない、エンターテイメント。

中邑真輔vs飯伏幸太。
「天才と変態の紙一重」の二人が交わると、試合はとにかく、神懸かり的なものになります。

中邑真輔の画面に映える、赤いコスチュームや長い脚。
飯伏幸太の画面に映える、白いコスチュームと華麗な技。

スマホをザッピングしていた中で、二人の紅白合戦は、指の動きを止めさせるほどの絵力だった、ということ。

プロレスのルールすら、わからなかった私が見ても
彼らがプロレスラーとして“プロ”であり、物凄い次元で戦っており、その二人が生み出す物凄い熱量が東京ドームを埋め尽くしていることは小さいスマホ画面からも十二分に伝わってきたのです。

そうして、プロレスの虜となった私は
新日本プロレスファンとしての生活を過ごすことになっていきます。
ーー続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました